現代における資産形成の必要性と危険性

大抵の人にとって馴染みがあるとは言い難い、資産形成のスタンダートな情報と資産形成の主な目的についてまとめることで、資産形成と資産運用の相違や資産形成のポイントに対する認識を掘り下げ、資産形成費の理解するための足掛かりとすることを目指したページです。

何を目的に資産形成が行われるのか

そもそも、現代において資産形成の必要性が増大したのは、低金利状態に端を発して、金融業界が資産運用の増加を狙ったことと、個人が預金による貯蓄の増加がほとんど見込めなくなってしまったことがその主な理由で、金融業界にとっては、新たな顧客を取り込むことによる経営状況の改善や立て直しが目的ですし、個人にとっては、老後に備えた資産の確保が目的であると考えてまず間違いはありません。

要するに資産形成は、低金利対策の一環で生まれたものであり、その目的は金融業界と個人で異なるものの、個人が安全性の高い金融商品、もしくは信頼性の高い投資信託先を選んで手堅く利益を上げることにより、金融業界は新たな顧客を獲得でき、運用益を上げる余地が出てくるなどの点において、両者ともに利益を得ることも可能なのです。

金融業界の顧客獲得と個人の資産増加という、それぞれの利益によって必要とされた資産形成ですが、資産を増やさなければならない以上は、どうしても失敗という危険を避けては通れず、銀行への預金や郵便局への定期預金、あるいは安全性の高い金融商品である国債の中でもさらに手堅い固定金利のものを選択したとしても、危険性が無くなることは決してなく、資産形成には危険がつきまといます。

資産形成は、年金をはじめとした社会的なセーフティの崩壊を視野に入れた自己救済行動として必要性を持ちますが、あくまで自己救済行動であることから、危険性も伴うものであることも逃れようのない事実でしょう。

おすすめリンク

国内外の注目株で資産形成

資産形成ならやっぱり株でしょうか?いま注目されている国内外の株の特徴を知りましょう

資産形成の方法と株取引による資産形成

オーソドックスな資産形成の方法について私見を交えて述べつつ、株取引を介しての資産形成のリスクとリターンに触れ、資産形成で資産を構築するための要点を提示して、資産形成の方法論と株取引による資産形成、双方に対する私的な見解をまとめることを試みています。

効率性を重視した資産形成と株取引

資産形成において効率性が要求される理由を追求すると共に、効率性を考慮した資産形成における効率的な株取引が指し示すものを追求することによって、資産形成においての効率性の重要性と株取引による資産形成に際しての効率化の在り方について、簡易に触れました。

上へ